新規顧客開拓・外国人技能実習制度・共同受注・商品開発|製造業者の支援・活性化|なにわ夢工房 協同組合

原点はものづくり
  • HOME
  • なにわ夢工房とは?
  • 共同購入について
  • イベント・セミナー情報
  • 新規顧客開拓
  • 外国人技能実習制度
  • 組合員紹介

なにわ夢工房
協同組合事務局

〒555-0041
大阪市西淀川区
中島1-23-18
TEL:06-6475-5133
FAX:06-6475-5134

お問い合わせ
NCネットワーク

制度を利用するには?

受入企業の条件

◆研修指導員をおくこと(5年以上の経験を有する常勤社員であればOK)
◆生活指導員を置くこと(常勤社員でなくてもOK)
◆研修生用の宿泊施設及び研修施設を確保していること
◆生活指導員、研修中の死亡、疾病に対する保障措置が確保されていること
◆技能実習施設について労働安全衛生法の規定する措置が講じられていること
◆実務実習生の人数が、規定の範囲内である事

研修制度を利用するには?

受入れ人数枠

受入れ企業の職員数や職種によって、研修生の受入れ人数が異なります。

1.受入れ企業の常勤職員の総数を超えず、表内の範囲であること

受入れ企業の常勤職員数
技能実習生の人数
301人以上
常勤社員総数の1/20
201人以上300人以下
15人
101人以上200人以下
10人
51人以上100人以下
6人
50人以下
3人
   ※常勤職員とは「労働保険概算・確定保険料申告書」の12欄雇用保険被保険者数

受入れ人数枠
2.技能実習生への移行に伴う受入れ枠

受入れ企業の常勤職員の総数50名以下の例

 
1年目
2年目
3年目
4年目
5年目
合計人数
3名
6名
9名
9名
9名
1期生
3名
3名
3名
帰国
-
2期生
 
3名
3名
3名
帰国
3期生
 
 
3名
3名
3名
4期生
 
 
 
3名
3名
 
受入れ人数枠

受入の流れ

相談・組合入会・受入れ申込み

企業様から相談を受付け、組合へご入会、受入れを決定後、当組合へ『実習生受入希望条件書』を提出していただき、正式的に研修生受け入れ委託を締結します。

現地での候補者募集

現地の送り出し機関に条件に合う候補者の募集を依頼します。

現地にて面接

人材の選考を現地にて行います。選考方法は、企業様と一緒に現地に赴き、候補者の中から書類選考、実技試験、面接を行い決定します。 


書類作成、現地での事前研修

入国管理局および関係各省へ実習生受け入れの申請書を提出後、在留資格認定証明書(在留資格)を取得します。  
面接の合格者に、現地にて日本語・日本文化・日本の生活習慣などといった、日本滞在のために必要な基礎知識の研修を実施します。

集合研修

来日後、組合にて約2ヶ月間(320時間以上)、再度日本語、生活習慣、交通安全等、日本での生活に必要な知識・ルールを実践をまじえて修得をします。

受入企業での実習

受入企業にて10ヶ月、技能習得を行います。

技能検定試験の受験

入国10ヶ月目に技能検定試験を受験します。

帰国

最長で3年間の技能実習期間を終え帰国します。帰国後は、来日前に在籍していた母国の企業で、習得した技能を活かします。



ページのTOPへ